新情報に素早くアクセス!携帯サイトはこちらから!
「時計」取扱商品

宝生堂はRADO(ラドー)の正規販売店です

美しさを追求するテクノロジーへの挑戦

ラドー -RADOラドーは、1917年にスイス、レングナウで創業されたシュラップ・アンド・カンパニーが前身となった、90年の歴史を誇る時計ブランドです。1957年に「RADO」ブランドとして初のコレクションを発表し、社名をRADO WATCH CO.LTDに変更しました。

その後、1962年に世界初となる、傷がつきにくいスクラッチプルーフのハードメタル素材を採用した時計「ダイヤスター」を発表し、時計業界に大きな衝撃を与えました。その美しい質感と堅牢性を誇るスクラッチプルーフ素材の開発が、ラドーのアイデンティティとして確立。その後も新しい素材に挑み続け、革新的な技術の進歩をおさめてきました。1986年には世界初のハイテクセラミックスを使用した時計『インテグラル』を発売。さらに2005年には、ダイヤモンドと同じ硬度をもつハイテクダイヤモンドコーティングケースを使用した、世界で最も硬い素材の時計『V 10K(ヴィ・テン・ケー)』を発売しました。

ラドーは、“単に美しいだけでなく、時を経てもなお美しくあり続ける時計を創る”ことをコンセプトとして、常に新しい可能性にチャレンジし続けています。

優れた素材の魅力を最大限に引き出す
先鋭的なデザイン

いつまでも美しく輝き続けるために、素材に妥協を許さないラドーの創造哲学。その結実が、独自に開発し採用してきたスクラッチプルーフ素材です。その優れた素材の魅力を最大限に引き出し、未来という無限の時間のなかでいつまでも光り輝くために、デザインは時代に束縛されない独創性を追求しています。

人間工学に基づいたスタイリッシュなデザインと、傷がつきにくい様々な素材との融合によって、優れた機能と美しさをあわせ持つラドー・ウォッチ。鮮烈な印象を与える先鋭的なデザインでありながら、着用する人の快適さを極限まで追求しています。装着した瞬間から手首に優しくフィットし、美しいフォルムを生み出す存在感が、身につける人の個性を際立たせます。

ラドー独自の素材と妥協なきデザインによって、時代や流行が変わっても色褪せることのない、斬新で魅力的な時計を創造しています。

「ドルチェ」「エクセリーヌ」「ルキア」などのセイコーブランドや
アルバ・カシオなどの国内メーカー時計、
その他の舶来ブランド時計も多数取り扱っております。

ご購入後のアフターサービスもしっかりサポート!

安心のアフターサービスについて